20代でがんが発覚した竹田さん。その後の経験や今の思いを語ってくれました。

【略称】インタビュアー:岸田 / ゲスト:竹田

更新日:2014.07.29

治療のこと

岸田 治療はどんなことをしましたか?

竹田 抗がん剤→テモダールを2年間続け、放射線→60グレイ、1日2グレイを30日間行いました。また、手術→開頭 手術2回行いました。また、自家製ワクチンも 行いました。それは、臨床試験情報がネットにあって、母親に調べてもらい、自分から先生に相談しました。自家製ワクチンの臨床試験中は、二年間は他の治療が出来ません。

宣告

岸田 宣告を受け、まず始めにやったことは何ですか?

竹田 気持ちの整理。まず、脳腫瘍を知らなかったので、 それについて、調べました。Webで沢村先生が出ている北海道のHPみました。 そして、見たはいいけど幅があるからどれかわからなく逆に不安になり…。今は横浜の病院か他の病 院で治療を受けるかも考えなければならなかった。そこで母親 が医学書の編集してたから家族に相談することに。そしたら、脳腫瘍だったら東京女子医大が実績あるよってアドバイスされました。

家族のこと

岸田 家族との関係性はどうでしたか?

竹田 家族はもちろん、ショックを受けていて。。。 自分にとっては母親泣いたりするので、そっちのほうがショックでした。 ただ、より家族が近くなった気がします。 それは、よく話すように意識し、そして家族も意識してくれ、病気のことも知っているので関係が深まったと思うからです

仕事・学校のこと

岸田 仕事はどうしましたか?

竹田 内定が白紙になりました。専門学校の卒業の一ヶ月前に病気になったんです。 当時、空間デザイン設計事務所にインターンをしていた時期でした。卒業後はそこで働く可能性も高かったのですが、病気を治してから戻ってきて欲しいと、遠回しに入社を白紙にされました…そのため、卒業と同時に仕事を探すことになりました。

岸田 今はどうしてる?

竹田 アルバイトを行い、友達のお手伝いをしながら生計を立てています。

岸田 社会復帰するためにどうします?

竹田 いつ倒れてしまうかもわからない病気なので、まず治して大丈夫だということを証明しなければ一般企業で働くことは難しいのかもしれません。

お金・保険のこと

岸田 治療費いくらかかりましたか?

竹田 約100万円。(正確ではありませんのでご注意を。)高額医療費を活用しました。手術のあと、抗がん剤を4万4,000円×24クール行いました。

岸田 保険は入っていましたか?

竹田 入っていませんでした…

性のこと

岸田 性については大丈夫でしたか?

竹田 問題ありませんでした。

恋愛や結婚や配偶者のこと

岸田 がんになって、恋愛に関してどうでしたか??

竹田 結婚などはどうしていいかわかりません。。当時、彼女は居ましたが、症状を伝えたらかなり落ち込んで自分が辛かったです。

辛かったこと&その克服法

岸田 がんになって肉体的に辛かったことは何ですか?

竹田 テモダール(抗悪性腫瘍剤)はきつかったです。手術後、血が脳に溜まったり…。

岸田 それをどう乗り越 えましたか??

竹田 テモダールに関しては、これが効いていると信じて飲んでいたし、血が溜まったことに関してはその後、追加で手術を受けることで解決しました。

岸田 がんになって精神的に辛か ったことは何ですか?

竹田 人より死について深く考えていたので、大丈夫だった。常に死について考えていたと思う。

後遺症のこと

岸田 後遺症は何かありますか??

竹田 ありません。

後遺症については特にありません。ただ手術する際に耳が聞こえなくなることだけは絶対に嫌だったです。音楽が聞けなくなってしまうのは…。自分にとって好きな音楽が聞けないのは本当に苦しいので。

岸田 がんになってどう思いますか??

竹田 今思うのはいろんなひととこれをきっかけに出会えた。否定的には考えていません。

今、治療を頑張っているがんサバイバーへ。

岸田 1言お願い致します!

竹田 今を楽しめ!

オススメ情報

岸田 これは伝えておきたいということはありますか??

竹田 本郷三丁目のファイヤーハウスはマジ美味しいハンバーガー屋さんです。死ぬ前に一度は食べるべきです!(笑)

※本ページは、あくまで経験者の情報を扱っております。そのため、あくまでその方のケースはそうだったということを念頭においてください。そのため、医療情報に関しては主治医や、行きつけの病院、またはしっかり科学的根拠に基づいたWebページや情報サイトを参照してください。

関連したノート

support_img01

みなさまのご支援が、がん闘病者の生活を変える第一歩につながります。
今たたかう人を助けると共に、より健康と向き合う社会づくりを目指すサポーターを募集しています。

個人・法人のご支援について