インタビュアー:岸田 / ゲスト:クルーグ

【宣告・治療】

岸田 クルーグ絵里香さんをご紹介させていただきます。

クルーグ クルーグ絵里香と申します。卵巣がんの、胚細胞腫瘍というがん種で、ステージは当時ⅡBでした。2018年の1月に、がんが発覚して、現在は経過観察中です。

岸田 どうやって、がんが見つかったのでしょうか。

クルーグ 当時左上腹部がすごく痛いなって感じてCTを受けに行きました。

クルーグ 受けに行ったところ、子宮側に影があって、子宮筋腫かもしれないと医者に言われて、レディースクリニックの紹介状を書いてもらいました。

クルーグ でも子宮筋腫は良性だし、取りあえず通っている病院もあるし、そこの定期健診に行けばいいと思って、そのまま何もせずいました。

クルーグ それが2017年の11月ぐらいの話です。

クルーグ 次の年、1月に婦人科受診しようと思って定期健診に行ったところ、何かが腫れているのでCTを受けてきてほしいとレディースクリニックの先生から言われました。

クルーグ 大きい病院の紹介状をもらって、2日後ぐらいに受診しました。

クルーグ そこで今の時点でこの画像を見ただけでは判断ができないと言われ、その病院で1週間以内にMRIとPET-CTを受けて恐らくがんだから手術をしましょうと言われ、2月中に手術が決まりました。

岸田 大きな病院っていうのは、自分でリクエストしてこの病院にしてくださいって言ったのですか?

クルーグ どこがいいか最初に聞かれました。

クルーグ でも、悪いものかもしれないと言われて、そのとき1人だったので、そんな判断もできないですし、私も23歳で若かったというのもあって、先生もすごく心配してくれて、私も知り合いがいるし、卵巣のがんで一番症例が多いのがこの病院だから、そこでお願いしますと言いました。そこでプチ告知されました。

岸田 その病院ではスムーズに手術ができましたか?

クルーグ 病院に行って、2日後とかに予約が取れて、検査をして、そこで告知されました。手術までは2、3週間でちょうどよかったと思っています。

岸田 それは心の整理的に?

クルーグ 心の整理と身辺整理じゃないですけど。仕事していたので、上司に報告し、どのように休んでいいかとかを詰めていく中でちょうどよかったです。

岸田 プチ告知を何回か受けていると思いますが、そのときは頭が真っ白になりました?

クルーグ なりましたね。プチ告知が一番、頭が真っ白になりました。子宮筋腫って最初は言われていたのに卵巣がん疑惑だったので。

岸田 手術はどうでした?

クルーグ 手術は、両側の卵巣と子宮を摘出する手術をしました。子宮を残すか残さないかは、開けてみないと分からないけどと言われました。

岸田 どれぐらいかかる手術でしたか。

クルーグ 時間は朝9時ぐらいからで、転移があれば夕方の4時までかかると言われていましたが、目覚めてみたらお昼の1時半ぐらいに終わっていたので、転移はしていないとわかりました。

岸田 どれぐらい入院しましたか?

クルーグ 手術後10日間ぐらいで退院しました。

岸田 手術はうまくいったんですよね。

クルーグ 手術で全部取りきれましたが、私が手術後の病理検査で2Bということが分かったので、決まりで抗がん剤をやるというふうになっているらしく、私自身もすごく不安だったので、抗がん剤のBEP療法を3クールやりました。

岸田 抗がん剤治療中、つらいことや大変なことはありましたか?

クルーグ 副作用を抑える薬がすごくいいものがあって、嘔吐は1度もせず、ちょっと気持ち悪いな、くらいで過ごせました。ただ脱毛に関しては、つらいことはありましたね。

岸田 においが敏感になったり、食べ物が食べられなくなったりとか、そういったものはなかったですか。

クルーグ なかった。倦怠感もあんまりなく、吐き気を抑えるためのちょっと強めの薬を飲んで、それで眠くなり日中寝る、とかはありましたけど、抗がん剤中とかも普通に、元気にお菓子を食べながらしゃべれるくらいの感じでしたね。

岸田 3クールやって、6月に治療終了。その後、経過観察と書いているのですが今は?

クルーグ 2カ月に1回ぐらい行っていますね。血液検査と内診をしています。

岸田 7月に職場復帰。

クルーグ はい。6月の半ばに白血球も戻って、大丈夫っていう状態で、すぐに職場復帰しました。

岸田 結構、大変じゃなかったですか。

クルーグ 体力がすごく落ちて、会社に行くまでに、一回、カフェ休憩をしないと通勤できないぐらいの体力でしたね。

岸田 抗がん剤の治療前のがこちらになります。

クルーグ これはウィッグの試着の画像ですけど、ウィッグにはすごくこだわりたいなと思っていて、ウィッグのお店は医療用もファッション用もいっぱい回りました。

岸田 それをつけたときの写真が次にあります。抗がん剤治療中って書いてあるけど、これは治療中に外出したってこと?

クルーグ そうですね。このときは外出届を出して行きました。気分転換です。

クルーグ 病院が嫌だったので、一刻も早く外に出たくて、でも白血球が下がって、人ごみには行けないので、あんまり人のいないところに行こうと思って、バラ園に行きました。母が車で送り迎えをしてくれていたので、車で1時間かからないくらい。

岸田 電車とかは結構、白血球とかの値もあって、すぐ感染症とかもあるから。

クルーグ それが不安だったので、送り迎えは頼っていました。

岸田 もう1枚抗がん剤治療中の写真があります。

クルーグ 抗がん剤治療中、髪の毛が抜けると帽子をかぶるじゃないですか。

クルーグ それが、いかにもがん患者っていう雰囲気。がん患者の代名詞みたいな感じだって私は思っていて、すごく嫌でした。

クルーグ おしゃれをしたくて、どうしようって考えたときに、スカーフを頭に巻いたらおしゃれになるのではないかと思って、家にあるスカーフを母親に持って来てもらって、自己満足はすごく高くて。

クルーグ 婦人科なので女性ばかりで、一緒のお部屋の方も、それすごくいいねと言ってくださったので巻いてあげて、こんな感じでやりますと言ったらすごく喜んでくれたのでとてもおすすめしたいです。

【家族】

岸田 次に、家族のことを聞いていきたいと思いますが、まず家族構成を教えていただきますでしょうか。

クルーグ はい。両親と弟と祖母です。父が大腸がんで亡くなっています。

岸田 それはいつ。

クルーグ 5、6年前とかですかね。

岸田 がんになったとき、お母さんとか。

クルーグ ショックだったとは思いますし、私自身も看取っているので結構、過りましたね。死っていうのは。

岸田 一番初めに告知を受けているときに、お母さんにはどう言いました。

クルーグ プチ告知の直後に電話しました。

岸田 家族のサポートってすごくうれしかったっていうのもあると思うけど、こういうことをしてほしかったなっていうの、逆にあったりとかする?

クルーグ 治療中に関してはあんまりないです。でもがんが分かったとき、当時母からはあまり周りには言わないほうがいいって言われて。

クルーグ それが私とは考え方が違って、別に隠すことじゃないっていうふうに思って、逆に隠すことで私自身つらいし、そんな恥じることでもないし、犯罪起こしたわけでもない。

クルーグ 逆に私は言わない、隠していることによって自分が何か悪いことをしているような気分になって。

【恋愛・結婚】

岸田 絵里香さんの恋愛について。当時発覚したときは。

クルーグ 発覚した当時相手がいなくて、手術をするにあたって、卵巣や子宮を取り除く手術だったので、妊娠とかもできなくなるから、先生とかにはパートナーには相談しましたかと言われました。

岸田 当時いないですっていう形で普通に治療を受けて、それで問題なかったと思います今は?

クルーグ 今もいなくて。私の中では恋愛は結構大きい課題だと思っています。

クルーグ 発覚とか手術した当時は、生きるか死ぬかしか考えていなかったので、恋愛のこととか周りに言われても何で今、恋愛の話をするの、私死ぬかもしれないのに、恋愛の話なんかしないでよって思っていたんですけど、そうやって助言してくれる人は、後のことが分かって言ってくれていたのに、私はそこを反発していたんです。

クルーグ でも今は妊娠もできないっていうことが、自分の中で自信がなくなってしまって、恋愛にはなかなか踏み出せないですね。

岸田 そんな中で、今後パートナーとなる人ができたときに、どのタイミングで言うとかしますか?友達の段階から言う、付き合うときに言う、いろんな段階があるんじゃないかと。

クルーグ まだ、今も課題って言っているとおり、自分の中で答えを見つけられていなくて、模索中です。

【妊孕性】

岸田 妊孕性は一番の課題と思われているところだと思うんですよね。非常に葛藤もあったかと思うんですけれど、そういう話は最初にされたんですかね。

クルーグ されました。子宮、卵巣を取るので、妊娠ができなくなるっていうのは理解できました。

クルーグ 妊孕性に関しては、今になって、すごく大きい問題だと思っていて。私に関しては、手術の時点で妊孕性を失うのは、生きるためには仕方のないことで、それ以外の道はなかったので、折り合いがつけられるというか、自分の中では平気なんですけど、恋愛をするっていうことにあたっては障害になりますね。

クルーグ 相手にそう思ってもらえるかなっていう不安で、折り合いがつけられてないって感じですね。

【仕事・転職】

岸田 病気が発覚したときに、上司に伝え、そこからすぐお休みはいただけたんですか?

クルーグ 初めに伝えた上司が今後の方針について話し合う場を設けてくれたので、そこで自分の状況を伝えて、どれくらいに復帰できるかっていう見込みを伝えた上で、傷病休業っていう形で休みに入らせてもらいました。

岸田 何日後?

クルーグ 手術の前日。

岸田 そこまでは仕事を普通にしたの?

クルーグ 私の希望で、仕事していると気がまぎれるから、入院の前日まで仕事をさせてくださいと言って、そういう対応をしてもらいました。

岸田 手術終わって復帰していくときはどうしたの?抗がん剤、入っちゃってるよね。

クルーグ そうなんです。手術して、抗がん剤やるのでまたしばらく休みます。復帰は7月8月が希望です。

クルーグ どうなるかは分かりませんっていうふうには伝えて、それは体第一でとかまた連絡してねと言ってもらえました。

岸田 復帰して、仕事どうでした?ホテルのお仕事って体力勝負なところあるんじゃないですか。

クルーグ 本当にそうで、ラウンジなので、ウエルカムドリンクとかも出すんですけど、小さいコップすらも持てなくて、筋力が落ちているので腕がぷるぷるしてしまって、結構ショックでした。

クルーグ それ以上に重い物を持って、日々働いていたのに。これは戻すしかないと思って、筋トレして、すぐ戻りました。今は転職をして、出版社に勤めています。

岸田 なにゆえの。

クルーグ がんになって治療して、時間がある中で、いろんなことを考えていたんです。

クルーグ 生きるとか死ぬとか、考える中で、やりたいことは絶対やるべきだって思って。もちろん、ホテルでの仕事もやりたいことではあったんですけど、その他に雑誌とか本とかがすごく好きで。今はファッション誌関係の仕事をしています。

岸田 それは、やりたいことの一つだったんですか。雑誌の編集とかいろんなそういうことは。

クルーグ 私は編集の仕事ではないんですけど、そうなんです。名前の残る仕事がしたいって思ったんです。

クルーグ 出版社入れば残せるじゃんって思って。あともちろん本が好き。雑誌が好きっていう。

クルーグ そこに関わりたいっていう気持ちがあって、じゃあこの気持ちを殺して今の仕事を続けるか、挑戦するかって考えたときに挑戦しよう。

クルーグ がんになったからこそ、挑戦しようって思えたので、転職しました。

岸田 転職するときって、よくがんのことを言うか言わないかとか、いろんな葛藤とかあると思うんですけど。そこどうしました?

クルーグ 言いませんでした。後遺症に関しては、仕事する上で支障になることはなかったという点と、その会社がフレックスを採用している会社なので、通院もできると判断して、考慮してもらうことが特になかったので。

クルーグ 病気も、プライバシーっていうか、個人情報の一部なので、言う必要もないかと思ったので。

岸田 今の同僚にはどうですか?

クルーグ 言ってないです。

岸田 今の仕事は楽しいですか?

クルーグ 実は今年の5月に転職をしたので、まだ3カ月しかたっていないので、まだ探り探りではあるんですけど、面白いです。

【お金・保険】

岸田 当時、主に治療費などお金の工面とかどうしていましたか。

クルーグ 治療費は、親に頼ってしまいました。傷病手当と、限度額認定書で、いくらまでって決まった上で傷病手当も出ていたので、そこで工面をしつつ、親にも頼りっていう感じでした。

岸田 治療費でどれぐらいかかりましたか?

クルーグ 入院中って限度額認定には食費とかパジャマ代とかは含まれないんですよね。

クルーグ なので、それもかさむので、全部トータルして3クールだったっていうこともあって、5、60万とかかな、と思います。

岸田 保険とか入っていました?

クルーグ 入ってなかったです。入っておけばよかったな、とは思います。

岸田 保険は何も出ず、限度額高額療養費制度と、限度額認定の制度と。傷病手当と。それで行っていたということですね。つらい克服といった中で、いろんなつらいタイミングあったと思います。

【辛い・克服】

岸田 精神的につらかったとき、肉体的につらかったとき、どう克服してきたかというのをお伺いしたいんですけど。

クルーグ 精神的につらかったタイミングは、2回ぐらいすごく大きくあって。

クルーグ 1回目が手術後。どんどん現実が見えてきて、死ぬっていうことしか考えられなくなってしまって、未来が見えなかったんですよ。

クルーグ でも、家族だったり看護師さんには、そんなこと気にしてないっていうふうに振る舞っていたんです。

クルーグ でも看護師さんの1人が、そういう態度に気付いてくださって、個室に呼び出してくれて、ちょっと何か話してごらん、みたいな感じで言ってくれて。

クルーグ ちょっと話し始めたらマイナスな言葉しか出てこないし、すごく泣いてる自分がいて。こんなにショックだった自分がいたんだって気付いて。

クルーグ でもそのときに看護師さんが、手術後なんで、治療もこれからだけど、あなたの人生もこれからじゃないっていうふうに言ってくれて、私の人生ってこれからなんだっていう。

クルーグ これからが考えられないときにそれを言われたので、すごく救われましたね。

岸田 もうひとつは。

クルーグ 後遺症の話になってしまうんですけど。抗がん剤治療をしていく中で、副作用で耳鳴りがあって。

クルーグ 今もなんですけど、モスキート音みたいなのが、回を重ねるごとにどんどん強くなっていってたんです。

クルーグ 音楽をもともとずっとやっていて、音楽が、私の中では大きい心の支えだったので、もう私の楽しみや心の支えがなくなってしまうんじゃないか。

クルーグ 音楽が楽しめなくなるんじゃないかっていう不安が大きくなって。がんの告知よりもそれがすごく私の中ではショックで。

岸田 肉体的につらいときって、ありました?

クルーグ 抗がん剤治療中の吐き気とか、あとは抗がん剤治療で下がった白血球を上げるための注射で、すごく痛いんですよね。

クルーグ 寝られなくて。背中がぐわんぐわん痛くて。一番つらかったです。耐えるしかなくて、痛み止めとかも意味なくてって感じでした。

【反省・失敗】

岸田 反省、失敗はありますか。

クルーグ もうちょっと人に言っていれば、自分的にも楽だったかなって思いました。

クルーグ 最初言わないっていうことで固めていたので、ちょっと窮屈で。それで悩んだりとかはしましたね。

【医療従事者への感謝・要望】

岸田 医療者に対してこういうことよかったよ、だったりとか、改善してほしいなっていうポイントだったりとかがあればお願いします。

クルーグ 感謝に関しては、婦人科の病棟にいた看護師さんが手術後とか水が飲めないのでこまめに、冷たい水でうがいさせてくれたりとか、すごく気に掛けてくださって。

クルーグ そうやってケアしてくれて、すごくうれしかったなっていう印象があるので、看護師さんが身近にいてくれるっていうのが、すごく感謝したいですね。

岸田 改善してほしいなっていうのは何かありますか。

クルーグ 働きながら通院するって、すごく難しくて。なので血液検査だけでも、近くのクリニックと提携してもらったら時間短縮できるのにって思いました。

【キャンサーギフト】

岸田 キャンサーギフトっていった言葉がございまして、がんになって得たものってなんでしょうか。

クルーグ 挑戦、行動力とかですかね。

クルーグ 何かやりたいこと、行きたいとこ、食べたいもの、全部欲しいって思ったら、行動しようという気持ち、マインドになれたのは、がんになったからかなっていうふうに思います。

クルーグ もう絶対、強く思ったらやろうっていうふうに決めています。

【夢】

岸田 絵里香さんの今後の夢は?

クルーグ 今の仕事を頑張りたい。日常が続いたらいいなっていう願いと、恋愛がしたいなっていうのもありますね。明るい未来が待っているんで。

岸田 ペイシェント・ジャーニーといった形で、クルーグさんの経過をグラフで振り返っていきたいと思います。

岸田 がんが発覚して、そのまま手術が成功していくわけですけど、がん発覚よりもきつかったのが、精神の悪化。

岸田 先が見えないときですね。その後上がっていくんですね。ロールモデルの発見。これは?

クルーグ 『がんノート』に出てる方が、インタビューされてる記事を見て、がんを乗り越えて日常に戻っているという私がなりたいロールモデルを発見することができました。

クルーグ 亡くなってしまった方のブログだったりとかを見つけてしまうことが多くて、そういうのですごく落ち込んでいたんですけど、明るい情報の見つけ方が分かって、精神が安定してきたっていう感じですね。

岸田 そして、抗がん剤治療で入院生活をしていって、副作用の相談を。

クルーグ 吐き気や胃のむかつきがあったので、薬剤師さんに薬の相談をしました。ちょっと光が見えたというか。

岸田 そんな中で治療を終えていきますと。そして会社に復帰していきました。そんな中で、また下がっていくのが、仕事を続けるか、これから転職するかどうかって悩んでいたときですね。

クルーグ このときは、出版に関わる仕事をしたいという気持ちもありつつ、お世話になった、復帰まで見守ってくれて、サポートしてくれた会社を続けたいっていう思いとか、葛藤もあって。

【今、闘病中のあなたへ】

岸田 闘病中のあなたへといったところを、メッセージを書いてきてもらっています。

クルーグ あなたの人生も、これからじゃない。

クルーグ 私が看護師さんに、精神的につらいときに、治療もそうだけど、人生もこれからっていうふうに言ってもらえて、治療のことだったり、もう死ぬことだったりとかしか考えられないときに、何か気付かされた言葉で。

クルーグ そういう方って、がんを告知されると多いのかなって思うので、あなたの人生もこれからだよっていうことを伝えたいです。

岸田 ありがとうございます。今、苦しい方もいらっしゃるかもしれませんが、それを乗り越えてね、ぜひあきらめずに、治療やいろいろなことをチャレンジしていただければということを思っています。

※本ページは、経験者の体験談を扱っております。治療法や副作用などには個人差がございますので、医療情報に関しましては主治医や、かかりつけの病院へご相談、また科学的根拠に基づいたWebページや情報サイトを参照してください。
*インタビュー動画、及び音声データなどの無断転用、無断使用、商用利用をお断りしております。研究やその他でご利用になりたい場合は、お問い合わせまでご連絡をお願い致します。

関連したノート