インタビュアー:岸田 / ゲスト:矢方

【発覚】

岸田 きょうは、タレントでも声優さんでもあるヤカちゃんに来ていただきました。まず自己紹介していただけますか。

矢方 矢方美紀です。私はですね、去年の2018年の1月に乳がんが発覚して、そこから4月に手術をし、5月からいろいろ治療を始め、今はいったん大きな治療は終わって、でも、ずっと継続して治療しているという感じになっています。

岸田 そうですね、当時ステージⅢBで、25歳のときにがんになって今ホルモン療法中と。

矢方 そうなんですよ、最初、手術する前はⅡBと言われてたんですけど、手術してみると結局ⅢAっていうことが分かって、そこから治療をいろいろ経て、今、抗がん剤も大変だなと思ったんですけど、ちゃんと髪も生えてきて。こんな痛めつけて遊んでます。

岸田 そんなヤカちゃんのバックグラウンドというか、ヤカちゃんを初めて見られる方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんので。

矢方 17歳のときに名古屋で活動していたSKE48というアイドルグループにオーディションで合格して、そこから7年半そのグループでアイドルをやっておりました。

矢方 そこから卒業して、今も名古屋でタレント業、そして声優という夢に向かって活動しているんですが。

矢方 その矢先に病気が分かって、最初はもう仕事も夢なんてもう考えられないと思ったんですが、意外と、病気と二人三脚じゃないですけど、いけるんじゃないか、ということで治療しつつも、ずっとお仕事も継続して今に至ります。

矢方 で、自分が病気を公表したっていう一つの大きなきっかけもあって、こうやってがんノートにきょうも出ることができました。

岸田 ではですね、早速ですけどまずどういうふうに気付いたのか。

矢方 気付いたきっかけは、セルフチェックです。

岸田 セルフチェックってどんな感じで。

矢方 乳がんのセルフチェックって多分、皆さんも知らない方のほうが多いと思うんですが、私も当時知らなくて、知ったきっかけが、ある芸能人の方が亡くなったのをニュースで見たのがすごく大きかったんですけど。

矢方 それを見たときに、じゃあセルフチェックってどうやるんだろうって自分でネットで調べたり、そのときニュースとかでもいろいろ取り上げていたので、若いし、病気には絶対ならないと思ってたんですけど、一回やってみるのもなんかいいんじゃないかなって。

矢方 病院にすぐに行くわけでもないので、お風呂とかで胸を、セルフチェック。

矢方 やり方があるんですけど、それをやっていたときに左の胸に、あれ、何だ、この硬い石みたいなのっていうので最初見つけたのがきっかけでしたね。

矢方 でもそれが、がんとは思わなかったので、なんで思わなかったかっていうと、がんは痛いし、なんか血とか出るのかなとか、皮膚とかも赤黒くなっちゃうのかなと思ってたんですよね。

矢方 でもそれも全然なくて。だったら痛くなって病院に行こうって思ってたんですけど、それを知り合いに相談したら、「いや、それはちゃんと病院に行って検査してよいか悪いかを確かめてから判断しなさい」って言われて、じゃあ病院嫌だけど行こうってことで。

矢方 最初、産婦人科に行こうとしたんですよ。

矢方 でも乳がんは産婦人科じゃなくて乳腺外科に行かなきゃいけなかったので、あらためて乳腺外科に行って、検査をしていったら2018年、去年の1月に乳がんが分かりました。

岸田 そのセルフチェックのときに、ちょっと質問したいんですけど。乳がんがね、硬いものだとか痛いものだと思ってたと、あったじゃないですか。実際にはどうだったんですか?

矢方 それが、本当に固くて、よく例えで言われるのがレモンの種ぐらい硬いって言うんですかね。それがずっと固定されてるって感じですね。

岸田 大きさ、どんぐらい。

矢方 大きさも結構大きくて、ビー玉ぐらいの大きさでしたね。それがずっと左の胸の上のほうにあって、右にはないんですよ。

矢方 で、最初は、胸って真ん中にはちょっと硬いものありません? それだと思って、胸の組織だと思ってたんですよ。

矢方 でも、明らかに左にあったしこりはそれとはまた違った硬さだったので、おかしいと思って。

矢方 その後も、そのまま維持されてたので、これはなんか変だなっていう。とにかく硬かったですね。

岸田 形は普通に丸かった。

矢方 なんかもうぽっこり、小山があるみたいな。

岸田 じゃあそれ気付いて相談して、病院行こうってなって、最初、産婦人科に行った。

矢方 行ったんです。そこの産婦人科の受付の方がすごく優しくて、近くに乳腺外科があるんで「開いてるか聞いてみますね」って言ったらちょうど開いてたんで、「行ってみてください」っていって。

岸田 その足で行ったんですか。

矢方 はい、もう、すぐ。本当近かったので。行ったらいろいろ見てもらって。

矢方 女性が乳がんの検診とか行きたくないっていう理由の一つで、マンモグラフィーがあるじゃないですか。

矢方 痛いっていう、こうプレスされて。でも私はどうなんだろう、どうなんだろうっていうのは、もともと胸もこういう(大きい)感じじゃないので。

岸田 そうね、マンモグラフィー用になってないからね。みんなね。

矢方 おっきい人が痛いのかなと思って。でも逆にあんまりない方でも痛いらしく、人によりけり。

岸田 で、結局痛かった?

矢方 私は痛くなかったんですよ。すごいでっかいハサミでつねられてるみたいな。

矢方 痛みとかではなくて、セッティングがすごく難しくて。

矢方 何とか終わって、その検査結果がすぐ分かるのかなと思ったら、最初のその検査だけだとグレー判定になっちゃったので、「もう一回、細胞診もして検査してみましょう」って言われたら、がんだったっていうことが分かりましたね。

岸田 細胞診は日帰りでできたんですか。

矢方 日帰りでした。その後、仕事が待っていたので。

矢方 自分自身も時間がないっていうのもあって、病院にあんまり行きたくないなっていうのと、待ち時間もすごく長いじゃないですか。

矢方 なので細胞の検査しますって言われたときも、きょうするか次回するかって言われたんですけど、絶対痛いけど、きょうしてさっさと帰って仕事だって。

矢方 胸に針刺されて、細胞をどうなってるかっていうのをして。

岸田 それで、その結果はすぐ出た?

矢方 その結果もグレーだったんですよ。

矢方 しこりはあるけど、中の組織は最初の検査だと分からなかったので、もう一個、太い針をスタンバイされてたんで、それを今度、刺されて。痛かったですね。

岸田 そこからして、グレー判定じゃないですか。どこで告知は受ける感じ?

矢方 1週間後に分かりました。 去年の1月頭にまた病院に結果を聞きに行ったときに乳がんのステージⅠって言われました。

岸田 そんときはⅠだったんですね。

矢方 Ⅰだったんですよ。なんで最初は、やった、早期発見、早期治療だ、みたいな感じで前向きだったんですけど。

矢方 だんだんプラスで検査していくと、ちょっとリンパ節にも転移があるな、だったり、分かってきたので。最初は「胸も全摘しなくていいですよ」って言われてたんですよね。

矢方 それが二転三転して、全摘したほうが。

岸田 いいよって。

矢方 「今後の人生考えたときに」って言われて。そこはすごく悩みました。

【公表】

岸田 その中で、結局、全摘していくことになるんですけれども、治療に入るときにヤカちゃんは公表私ているんですよね。

矢方 そうですね、公表しましたね。

岸田 公表について、どうでした。公表する前の葛藤だったりとか、してみての反応だったりは。

矢方 まずは、自分が乳がんだったって知ったときは、胸の病気っていうのを人さまに言えないなっていうのがあって、今までアイドルっていうお仕事をしてたのもあったので、男性のファンが多かったんですよね。

矢方 そこに私、胸の病気でっていうのは、ちょっと恥じらいがあって、どうしようっていう。

矢方 最初は事務所の方とも話して、言わないことにしようかなと思っていたので、その病気が分かってから一回休業したんですよ、1カ月ぐらい。

矢方 いったんお休みします、治療とかいろいろあるのでいったんお休みして、でも心配しないでくださいみたいなふうに言ったんですけど。

矢方 1カ月休んでいる間、体の病気じゃなくて心の病気なんじゃないの、大丈夫かなって心配してくれてる方がいたり、違う病気なんじゃないかっていうのをすごくこう。

岸田 臆測でね。

矢方 言われてたのが個人的にはすごく嫌で。

矢方 だったら、手術も終わって治療が終わったタイミングで落ち着いたら話そうかなって思っていたんですけど、実際、私が去年の1月に病気が分かって4月に手術して、最初は手術もやった後、1、2カ月は寝た切りだろうって思ってたら10日で退院できたんですね。

矢方 すごくはやいと思って。

矢方 もっと傷も痛いのかなと思ったら意外に立ってトイレも行けるってなったんで、これだったら多分今月中には仕事復帰できるっていうのをマネージャーさんに相談したときに、だったら病気の名前を言わずに仕事を続けたりしてこの後の治療がいろいろ変わってくるのも嫌なんで、もう病気のこと言ってそれを前提で皆さんにも分かっていただきつつ仕事をしたいですってお話をしたら、だったらそうしましょうってなって。

矢方 最初の仕事がラジオのお仕事だったので体が痛くても声は元気だったので、それで仕事始めたいですって感じでしたね。

矢方 でも最初、公表したところで自分のことなんてそんな世間の方は知らないから、何も分かんないだろうなって思っていたら、すごい大々的にニュースになっていたので、びっくりしましたね。本当に。

岸田 そうですよね、すごいニュースになってね。じゃあ公表してよかった?そのタイミングで。

矢方 それもすごく最初悩みましたね。

矢方 最初は、自分の口から言うってのはある意味、真実なので、間違ったことがどんどんこれから広がらないのは、まあいいかなって思っていたんですけど、逆に公表したことで、この子死ぬんじゃないみたいなこと書かれたり、今後仕事するって言ってるけど大変だよみたいなこと言われたりして、自分の思っていることと世間が思っていることの壁がすごく厚いと思ったので、どうしようって悩みましたね。

矢方 言わないほうが逆にそうやって言葉を掛けられないで済んだのかなあ、とかは悩みました。

岸田 今考えると、言ってよかったのかな。

矢方 そうですね、逆に公表してからいろいろ病気に関するメディアさんに出演させていただいたり、病気がきっかけでいろいろサポートしてくださる方にも出会えて。

矢方 この1年で自分自身もすごく成長できたなって思っていて、多分、病気のこと話せてなかったら、もっともっと悩んで1人で抱え込んでどうしようどうしようってなってたと思うんですけど。

矢方 今はもう自分で私、乳がんなんです、でも何とか仕事もできるし、元気なのを表現できるので、それを見て皆さんが、周りの方が対応してくれてるっていうのは今の現状なので、支えていただいてますね。

【治療】

岸田 ヤカちゃんの治療、ざっとまとめていただきました。2018年1月、乳がん発覚し、4月に手術、入院。そして、5月から抗がん剤がスタート、そして9月に抗がん剤治療が終わり、10月に放射線治療とホルモン療法がスタートした。ホルモン療法は『※10年継続』って書いてますけれども。

矢方 びっくりしましたね。10年って長って思って。

岸田 終わるまでね。最近、この数年で今まで5年でよかったんですけどもガイドラインが変わって10年になったということがあります。この中でどれが大変でした。どれも大変?

矢方 どれも大変だったんですけど一番最初の抗がん剤が、私の中では驚きましたね。

矢方 体に起こってる反応だったり副作用が想像していた以上だったので。自分の選択として抗がん剤中も仕事をやっていたんですよね。

矢方 髪の毛ないときどうしよう、じゃあウィッグかぶって行けばいいやっていうのも実際、直面すると、すごい恥ずかしいなって思ったり、だんだんむくみだったりもすごく出てきてしまったので、画面に映ったときに顔やばい、もう破裂するんじゃないかってくらい、ぱんぱんのときもあって、どうしようって思ってたんですけど、そういうのもうまく自分でプラスに変えていこうっていうふうにして乗り切りましたね。

矢方 その一つが、名古屋って世界コスプレサミットっていうのが毎年行われてて。

矢方 取材に行ったんですけど、そのときも大体、更衣室があるんですよね。男性、女性みたいなね。

矢方 で、女性の更衣室で着替えよう、そのキャラクターの。でも普通だったら皆さん髪の毛の上にネットを着けてウィッグかぶられるじゃないですか。

矢方 私は、ウィッグを取って、ウィッグをかぶらなきゃいけないのでどうなってんだ、これと思って。すごく面白くないですか。

矢方 ただ、皆さんそうやってメークをされてたりウィッグの交換とかで自分に夢中になっていたので、そのいろんな方がいらっしゃる中でぱっぱってやったらバレなかったですね。

岸田 確かに。そっか、それはすごいな。それはなかなかない経験ですね。

矢方 それはすごいいい経験でしたね。

矢方 で、終わった後もコスプレしてたら地毛がぐちゃぐちゃになっちゃう人って多いと思うんですよ。

矢方 それが、髪がないのでもともと、全然さらっとかぶってさらっと帰って。

矢方 それはすごいなんかいいなっていうのと、日々、自分もコスプレしてると思いながら過ごせばいいやってことで、このときはショートのウィッグをして、このときはロングのウィッグをしてっていうのを心の変化じゃないですけど、いろいろ服に合わせて変えたりもして乗り切りました。

岸田 へえ、今はウィッグ何個持ってます?

矢方 今現在はまだ家にあるので多分10個ぐらいはあると思います。最初、どのウィッグがいいか分からなくて。

矢方 最初は医療用のウィッグを買おうと思ったんですけど、お値段が高かったので、安い5000円ぐらいのファッションウィッグを何個も何個も買って使い回しをしてたんですよね。

【仕事】

岸田 さっきも話があったように、すぐ仕事に復帰していったんですよね。10日ですよね。

矢方 去年の4月に入院と手術を行って、退院して1週間後に、もうラジオのお仕事は始めましたね。

矢方 本当は退院した日にちょうどラジオの収録があったので「参加したいです」ってマネージャーさんに言ったんですけど、「いやいや無理無理」みたいになって、じゃあちょっと収録現場だけは見たいです、4月って番組が変わる時期なんですよね。

矢方 ちょうど自分が出てた番組も収録になっていたので、現場の空気を見なきゃ自分も不安になる。

矢方 それで退院日に収録現場見て、でもそのときはそこにいるっていうのを伏せて、来週から参加しようってなりました。

岸田 仕事復帰してその体調とのコンディションとか、大変だったのか、それとも意外といけたのか、どうでした。

矢方 正直言うと抗がん剤治療、放射線治療のときは約5カ月くらいですかね、すごく大変でしたね。

矢方 毎日病院行かなきゃいけなかったり、治療の副作用もすぐによくなるんじゃなくて私の場合は2、3日寝込んでから復帰っていうふうな感じだったので。

矢方 病院から治療が終わった3日間はお休みして、その次からお仕事をスタートしてっていうのを続けてたんですけど、でも抗がん剤は、心は元気なのに体がついていかないっていうのがすごく多くて、ラジオだとちゃんとしゃべってたり、ちゃんと読んでるつもりなのに漢字間違えたり言葉が飛んでなかったりして、すごくそれは悔しかったですね。

矢方 ただ、それがだんだん最後ら辺になると抗がん剤治療した次の日からもう仕事に復帰できるときもあったんで、体ってすごいなって思いましたね。

岸田 順応してるというか。

矢方 だんだん、もうちょっといけるぞっていうのが覚えてきたのか。

岸田 あくまでもヤカちゃんの例ですからね。皆さんはしっかり自分の体調をね。

矢方 自分のコンディションと相談しながら。

岸田 しっかり相談しながらやっていただければと思います。

【夢】

岸田 ヤカちゃんが今、取り組んでることだったりだとか、今後の夢をお伺いできますか。

矢方 はい、そうですね。

矢方 自分自身ががむしゃらに病気になっても治療を諦めずに続けてこれたのは、ちっちゃい頃からずっと声優になりたいっていう夢を持っていて、ずっとアイドルの仕事してきて、ここからはグループじゃなくて1人で自分の目標をもう一回かなうタイミングがあるんだったらやりたいっていうことでやっていたんですね。

矢方 で、最初は病気になってもう駄目だ、年齢的にも25歳だし、声優さんもすごく若い年齢から始められてる方も多いので、もう終わったなと思ったんですけど、逆に自分は声は全然大丈夫かなと思ったんですよ。

矢方 胸はなくなっちゃったけど、別にそこが声優のお仕事に関係あるかと思うと関係ないぞみたいな。

矢方 それがすごい希望に変わり、だったらそこは諦めずに自分が今やるべきものをどんどん積み上げながらかなえていきたいっていうのがあったのと、人生一回ってのを病気になってあらためて感じたので、今まではもうちょっとあそこで前のめりにいけばよかったのになって後悔することがたくさんあったんですよ。

矢方 でも今、病気を体験して、それってもったいないと思ったので、だったら今、声優っていうお仕事もかなうわけないって言ったり、遅いだろっていう声もあると思うんですけど、そこを何とか、地道に私は何とかやっていきたいなって思います。

矢方 あとは応援してくださっているファンの方の中にもずっと自分が声優を目指しているっていうのは知ってくれていて応援してくれていたので、そこも実際、自分が作品に矢方美紀って名前が載っている姿を見ていただきたいなっていう、それでまた喜んでいただけたらすごく自分はうれしいなっていうのが今の目標であり夢ですね。

矢方 一応いろいろ動きだしてはいるので、そこを皆さんには今後またこのがんノートでも自分のSNSでも発表して、またそこで何かきっかけだったり希望になれたらなって思ってます。

岸田 ですね。アニメ見ながら、これがヤカちゃんの声やっていうことでね。聞いて励まされる方もいらっしゃるんじゃないですか。

矢方 自分自身も入院中はずっと、ネットの、あるじゃないですか、配信。それでずっとアニメ見てて、それで元気ももらっていたので。

岸田 コメントでね、こんにちは。動画でいつも拝見させていただいています。昨年、乳がん発覚で、左胸全摘、抗がん剤、放射線治療で今経過観察中です。抗がん剤あるあるで抗がん剤でつるっぱげになった後、髪の毛は天パーのようにくるくるになったんですか。髪質も変わり猫っ毛になりました。変わりました?

矢方 変わりました。すごいここら辺くるくるですもん。

矢方 でも逆にそれを生かそうと思って、最初、髪の毛が生えてきたときも黒髪ですごい毛質も細くなっちゃってどうしようと思っちゃったんですけど、逆に明るくして、これおしゃれだぜっていったほうがいいんじゃないかなって。

矢方 なんで、髪の毛ハイトーンで今はそれを生かしながら癖毛もやってます。

岸田 ヤカちゃん、30分どうでした。

矢方 いや、もう流れるような30分でした。しゅうん。

岸田 しゅうんっていう感じ。ただね、この後、ヤカちゃん司会をする。

矢方 そうなんですよ,きょうは『Remember Girl’s Power!! 2019』というイベントがこの後。

矢方 きょうは、MCを務めさせてさせていただくので、いろいろ、がんについてお話をさせていただいたり、自分自身も病気になって音楽っていうのは切り離すことができなかった分野だったので、きょう見に来てくださる方も、盛り上がっていただきたいなと。1回しかないので、こういうライブは。

岸田 ライブもね、人生もね。

矢方 はい、楽しんでいきたいと思います。

岸田 楽しんで、ヤカちゃん頑張ってください。

矢方 頑張ります。

岸田 本当、きょうは30分どうもありがとうございました。

※本ページは、経験者の体験談を扱っております。治療法や副作用などには個人差がございますので、医療情報に関しましては主治医や、かかりつけの病院へご相談、また科学的根拠に基づいたWebページや情報サイトを参照してください。
*インタビュー動画、及び音声データなどの無断転用、無断使用、商用利用をお断りしております。研究やその他でご利用になりたい場合は、お問い合わせまでご連絡をお願い致します。

関連したノート