2018年12月に子宮頸がんと診断された、がんノートスタッフのシュガー(佐藤由紀)さん。そのがんの経験を準リアルタイムに15~25分程度の動画で全10回に分けて配信しています。

病気が発覚して入院する直前や、手術を受けて退院した直後にインタビューを受けています。
入院をする前の準備として何が必要なのか、仕事を休むときは上司にどのように伝えたのか、家族とどのような話になったのか、実際の検査や治療の内容、医療費はいくらだったのかなど詳細について、その時に感じたこと/考えたことを話しています。

病気に向かい合っている時の記憶を鮮明なうちに細かく伝えることで、がんになった人の役に立って欲しいという思いはもちろん、がんを経験していない人にはがんを疑似体験してもらい、身近な人や自身ががんになった場合に少しでも落ち着いた対応ができるようになってもらえたらと思っています。

 

 

再生リスト:2018年12月にがんと診断されたシュガーさんの動画集

support_img01

みなさまのご支援が、がん闘病者の生活を変える第一歩につながります。
今たたかう人を助けると共に、より健康と向き合う社会づくりを目指すサポーターを募集しています。

個人・法人のご支援について