がん経験者によるインタビュー生放送番組「がんノート」 2020年3月22日(日)はスキルス胃がんがん経験者 遠藤真弓さんにインタビューを行いました。

—————————————————

2018年9月、まゆみさんは腹痛を感じ病院へ行ったところ、胆のうに石がたまってると言われました。腹痛の原因となった石は流れたが石がまだ残ってるので、胆のうを取ったほうがよいと言われ、術前の検査で胃カメラを飲んだところ、胃がんが発覚しました。
セカンドオピニオンを受けた病院へ転院し、検査をし直しスキルス胃がんとの診断を受けます。
全摘手術、術後治験で抗がん剤治療を受け、現在経過観察中です。

—————————————————

今闘病中のあなたへ「生きがいは何より効くクスリ!」です。
ドラマの中のセリフですが、まさにこれだと思ったそうです。子育てもスノボも山登りも仕事も、全てがまゆみさんの生きがい、それが何より病気に対する薬になるというメッセージです。

—————————————————

残念ながら、コロナウィルスの影響で今回の放送もYouTubeのみの配信とさせて頂きましたが、さすが関西出身のまゆみさんのおかげでとても明るく楽しいインタビューとなりました。
体を動かすことが大好きなまゆみさん、術後3ヶ月で高尾山、抗がん剤休薬期間に富士山に登ったそうです。今後も山登りを続けられるよう応援しています。

↓ご寄付URL↓
https://gannote.com/donation

*インターネット生放送がFreshからYoutubeのがんノートチャンネルLive配信に変更になっていますので、ご注意下さい。チャンネル登録されますと通知も受け取れますので、ぜひチャンネル登録をぜひお願いします。
https://www.youtube.com/c/gannotejapan