がん経験者によるインタビュー生放送番組「がんノート」 11月3日(日)はグリーンルーペ内にて2回のセッションを行いました。
—————————————————
「AYA世代がんトーク」
こちらでは、虫垂がん経験者 金澤雄太さん、悪性リンパ腫経験者 小林円香さん、骨肉腫 白血病 舌がん経験者 鈴木 敬浩さんゲストにAYA研とのコラボ企画トークセッションを行いました。
まず、清水先生よりAYA世代のがん患者の状況をご紹介頂きました。
金澤さんは慢性的にお腹が痛くなり病院へ行ったところ、虫垂炎との診断で受け緊急手術を受けます。その後虫垂がんと告知を受け再手術、その後肝臓への転移が見つかり、手術抗がん剤の治療受け、現在は復職されています。
今闘病中のあなたへのメッセージは「辞めない」です。
小林さんは25歳の時に悪性リンパ腫と診断され、抗がん剤の治療を受けられます。抗がん剤の後遺症で不妊になる可能性があることから、卵巣と卵子を凍結保存します。治療後、婚活を開始、めでたくご縁が実りご結婚されます。すぐに妊活を開始し人工授精をしますが、運悪く妊娠には至りませんでした。しかしその後自然妊娠!現在9か月、まもなく出産予定です。
今闘病中のあなたへのメッセージは「夢は叶う」です。
鈴木さんは、骨肉腫、白血病、舌がんの3つのがんを経験されています。14歳のころに骨肉腫と診断され、即入院手術、抗がん剤治療を受けます。18歳の時に白血病を経験、こちらの骨髄移植の治療を受けます。その後無事就職した鈴木さんですが、舌に痛みを感じ受診したところ舌がんと診断され手術を受けたそうです。
今闘病中のあなたへのメッセージは「笑」です。
—————————————————
「みんなで生きていこう」
こちらのセッションでは、NPO法人さらプロジェクト(https://sarapore.jp/) 安尾真美さん、認定NPO法人 ReBit (https://rebitlgbt.org/) 薬師実芳さんをゲストにインクルージョンについてのトークを行いました。
安尾さんは精神障害者支援NPOで活動され、薬師さんはLGBTのNPOで活動されています。薬師さんはトランスジェンダー、元は女性で今はイケメンです。
障害者、LGBT、働く世代のがん患者は同じような課題を抱えています。連携すること、お互いに理解しあうこと、それを社会に発信していくことの重要性をご紹介しました。
—————————————————
↓ご寄付URL↓

ご寄付


【次回予告】
12/15 急性骨髄性白血病経験者 小林聖さんをゲストにインタビュー生放送を行います。
*インターネット生放送がFreshからYoutubeのがんノートチャンネルLive配信に変更になっていますので、ご注意下さい。チャンネル登録されますと通知も受け取れますので、ぜひチャンネル登録をぜひお願いします。
https://www.youtube.com/c/gannotejapan

support_img01

みなさまのご支援が、がん闘病者の生活を変える第一歩につながります。
今たたかう人を助けると共に、より健康と向き合う社会づくりを目指すサポーターを募集しています。

個人・法人のご支援について