がんノート|がん経験者によるがん経験者のための インタビュー情報サイト

【第47回がんノート】乳がん経験者 御舩美絵さん 8月27日(土)14時START

【ゲスト】乳がん経験者 御舩美絵さん
【時間】8月27日(土)14時スタート!
【ニコニコ生放送URL】http://nico.ms/lv274042740
今回は土曜日の開催です。お気をつけください。

【ゲスト紹介】
御舩美絵さん
がん種:乳がん
罹患年齢:31歳
ステージ:1

30歳の時にしこりを感じて検査に行くも『問題なし』との診断。
約1年半後に、結婚を期に再度検査をして乳がんと診断されました。

結婚式を終えて、全摘手術。その後乳房再建。
治療後の妊娠を希望したことからオンコタイプDXを受けて抗ガン剤治療はしないことを選択。
ホルモン治療を5年行い、2016年春に治療終了。

NPO法人キャンサーネットジャパン認定乳がん体験者コーディネーター。
2014年夏より「若年性乳がんサポートコミュニテイ Pink Ring」代表。若年性乳がん患者支援団体として様々なイベントを開催しています。

Pink Ring 若年性乳がんサポートコミュニティ
http://www.pinkring.info/
~彼女の体験談が少しでも誰かの力になりますように~

【ニコニコ生放送URL】http://nico.ms/lv274042740

今回は他団体とのコラボ企画です!

『第1回 がんノート✖CAN net コラボイベント』
〜がん経験者の声を届ける生放送&生きるを学ぶワークショップ〜

【開催概要】
★日時:2016年 08月27日(土)14:00~17:45
 第1部:がんノート公開生放送
 第2部:キャンパス東京
★日時:2016年 8月27日(土)14:00~17:45 (13:45集合)
★場所:国立がん研究センター19Fレストラン
 (住所:東京都中央区築地5-1-1)
★参加費:1,500円(ソフトドリンクフリー・お菓子つき)
 (1部または2部のみの参加の方は、1,000円)
★募集人数:40名
 ・・・がん経験の有無・性別・年齢を問いません。
    ご友達なども誘って気軽にご参加ください。

★お申し込み方法:下記いずれかをご選択ください
  ①Facebookイベントページで「参加する」ボタンを押す
  https://www.facebook.com/events/273957876316694/
  ②infoあっとgannote.com までメール(あっとを@へ)
  ・件名:8月27日『第1回 がんノート × CAN net コラボイベント』参加
  ・本文:お名前・お立場(医療従事者やがん患者など)をご記載ください。

【タイムスケジュール】
 ☆第1部 14:00〜15:30 がんノート生放送
  ゲスト 御舩美絵さん (がん種:乳がん)
  休憩タイム
 ☆第2部 16:00〜17:30 キャンパス東京
  テーマ 『病気をしたときの心の動き』
  両団体代表挨拶(17:45終了予定)
 ※当日参加の方は、13:45までにご集合ください!
 ※放送内容により終了時間延長の可能性がございます。

~第1部 がんノート公開生放送開催情報~
【ゲスト】乳がん経験者 御舩美絵さん

~第2部 キャンパス東京(CAN path)~
【開催案内】
テーマ:『病気をしたときの心の動き』
キャンパス(CAN path)は、「がん・病気」と生きることや「がん・病気」の事前学習として、社会人が楽しく生きるために必要な知識や心構えを学ぶ場として開催しています。名前の由来は、がん・病気になっても「できる(CAN)」につながる「道(path)」になるようにという想いを込めています。
内容は、①体のこと、②心のこと、③社会的なこと、④生き方のことについて、みんなで知恵や経験を持ち寄ってそれぞれ学びを深めています。今回の『病気をしたときの心の動き』は、②心のこと、④生き方のことについて、セミナーやワークショップで学びを深めたいと思います。
『キャンパス』で得られる3つのもの
(1)学び(サードプレイスでの“越境学習”)
(2)仲間(想いをもち、多様な経験・スキルをもつ仲間)
(3)アクション(職場ではできないことにチャレンジする機会)

病気を経験した方へ。
あなたの経験がみんなの役に立ちます。

専門的な知識が知りたい方へ。
専門家の方から知識を得ることができます。

医療関係者の方へ。
普段とは異なるフィールドの話が聞けます。

これまで病気とは無縁だった方へ。
病気はライフステージのひとつです。あなたが学ぶことが、あなたと周囲の人たちの将来への備えになります。
※営利目的の方や、宗教・ネットワークビジネスなどの勧誘目的の方、人の話が聞けずに自らの価値観を押し付ける方の参加は、固くお断りしています。
皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

【CAN net(キャンネット)とは】
 『がん・病気になっても自分らしく生きられる社会をつくる』を理念に、病気経験者・医療者など様々な人が集うサードプレイスをつくっています。活動のひとつとして、『キャンパス(CAN path)』という学び場を開催しており、がん・病気と向き合い生きること、病気になる前の備えなどについて、ワークショップ形式で学んでいます。
HP:http://can-net.jp/

【がんノートとは】
「がん経験者インタビューWEB番組」として「がん経験者の情報を今、闘病中のあなたへ」をコンセプトに活動中。
内容は、「医療以外」のことで悩むこと、例えば、家族や恋愛のこと・学校や仕事のこと・辛い時の克服法から他愛もないことまでゲストに空気を読まずに聞いてみよう!というコンテンツとなっています。
がんノートHP:http://gannote.com/

【Q&A】
Q・1人でも大丈夫ですか?
A・9割以上の方は1人でお見えになられます。初めての方でも気軽に交流できる座談会(ワークショップ)もありますのでお気軽にお越しください。
Q・がん患者じゃないけど大丈夫ですか?
A・がんを経験していなくても、がんまたは病気に関心のある方だったら誰でも大丈夫です。
皆さんのご参加お待ちしております

主催:がんノート&一般社団法人CAN net

その他のお知らせ

Return Top