Read Article

【第69回がんノート@Japan Cancer Forum 報告!】

【キャンサーペアレンツ&がんノート共催@Japan Cancer Forum2017】
8月20日(日)は、Japan Cancer Forum2017にて『働く世代のがんと家族〜子ども・親・パートナーとの関わり〜』をテーマにキャンサーペアレンツさんと一緒にトークセッションを行いました!
 
ゲストは、キャンサーペアレンツ代表であり、胆管がん経験者の西口洋平(ぐっち)さん
 
がんノート歴代ゲストでもある、乳がん経験者の箕輪恵(めぐねぇ)さん
 
キャンサーペアレンツの会員でいらっしゃり、子宮頸がん経験者の前田美智子(ミー)さん
 
セッションでは、ぐっちさんの、
「がんのことをはじめから上司に言うのではなく、人事部長に上司にどう説明したらいいかを先に相談した」というエピソードでは、会社で相談する相手は上司だけではないという選択肢を考えさせられましたし、
 
自身もがんを経験し、今はお子様ががんと闘病中のミーさんは、自分が告知を受けた時は泣かなかったけど、さすがに息子の告知は泣いたというエピソードには、まさしく家族は第二の患者という言葉を思い出しました。
 
めぐねぇは再発後の仕事について、「辛い辛い」と一方的に伝えるのではなく会社と相談した上で、「会社に貢献できることがあるなら」と週に2日から3日出社して、他の日は自宅で仕事の準備をするという生活で治療しながら仕事を続けられています。
 
ミーさんの「ウィッグで会社に行くのが嫌だった」という話題に対して、「私は毎日ウィッグを変えてたよ」とウィッグに対しての【めぐねぇレクチャー】が始まりました。「最終的には渋谷の109のウィッグが良かった!」というのお話は非常に参考になったのではないでしょうか。(笑)
 
余談ですが、医療費の話題での「貯金を削っていって、もしなくなったらどうするんですか?」という問いに、大阪人のぐっちさんは「削っていってなくなったら・・・・・『掘る』しかないですよね」という切り返しは秀逸でしたね!(笑)
 
最後に、会場をセッティングいただいた、CNJの方々やボランティアの方々、そして視聴して下さった方や会場まで足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました!
 
そして、キャンサーペアレンツさま、一緒にコラボさせていただき本当に楽しい時間でした。心から感謝です。m(_ _)m
 
・・・・・・・・・・
 
さぁ次回のがんノートは、9月9日(日)16時〜17時 
リレー・フォー・ライフ・ジャパン@さいたまでの開催となります。
がん専門病院とコラボが実現!さいたま県立がんセンターさんとの企画です!医師や看護師さんをゲストに迎える予定ですのでお楽しみに。
 
もしよかったら是非、遊びにきてくださいね。
 
https://www.facebook.com/events/520650301606469/
byキシリトール
Return Top